読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バッテリー一体型ケースの作り方

600円も行かずに作れます。

必要なもの

  1. ケース
  2. ゴム(のり付きがおすすめ)
  3. プラスチックジョイント(pbと呼称)
  4. プラスチック用接着剤

工程

  1. pbをケースに合わせてカットする。
  2. 管の内側に長さを合わせたゴムを貼り付け。
  3. 位置取りしての接着。
  4. 完成

改善点とか

ずっとバッテリーとiPhoneをまとめて持つのに苦労していたんですがpbなるものが存在すると知ってすぐに制作に取り掛かりました。

ただ、このケース5とseにしか対応してないんですよ。

機種の違う人に貸す、ってなるとどうも汎用性に欠ける。

それを踏まえてmk2を作ろうと思います。

最後に僕の愛用バッテリーを紹介。

 一回ちょっとしか充電できないんですが軽くて小さいからお気に入り。

容量が少ないが故に大容量バッテリーにありがちな「充電忘れた!」も起こらないのもポイント。

広告を非表示にする